谷川恵美(テナーサックス)

谷川恵美(たにかわ めぐみ)

横浜市出身。

幼少時、母が企業ビッグバンドに所属していた。

バスドラムの真横で毛布にくるまって寝ていたり、

メンバーが必死に練習しているアドリブソロを鼻歌で歌ったりしながら過ごす。

この時期に耳で覚えたジャズのスタンダードナンバーは数多くあり、歌えるが曲名は思い出せない。

中学生になり、母の陰謀?で吹奏楽部に入りバリトンサックスを始める。

高校では、吹奏楽コンクール上位常連校に入り、厳しくも楽しい高校生活を過ごす。

大学生になりZAMAビッグバンドにテナーサックスで入団し、ジャズの世界に足を踏み入れる。

社会人になってしばらくは吹奏楽とジャズの両刀使いだったが、数年前からジャズ一本に絞る。

幾つかの社会人ビッグバンドを渡り歩き、現在に至る。